平成23年3月11日に発生しました東日本大震災により
被災にあわれた全ての方々へ 心よりお耳舞い申し上げます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

春菊  - 播種から60日 -

今日の春菊の様子です。

だいぶ大きくなってきました!

【春菊1】


【春菊2】


春菊  - 播種から40日 -

春菊の間引きをして1本立ちにしました。

【間引き前】


【間引き後】


また、追肥も行いました。

【菜種粕】


【追肥】


菜種粕30g/屬鰺佞砲からないようにまき、熊手を使って肥料と土を混ぜ合わせます。

最近は程よく雨が降り、晴天の日には適度に温度が上がっているのでいい感じですくすく育っています(^^)


<今日の作業>
 ・春菊の間引き、追肥

春菊  - 播種から38日 -
今日は朝から雨でしたが昼頃からあがりました。

春菊の様子です。

【今日の春菊】


もう少しで1本立ちにしようと思います。
春菊間引き(2回目)  - 播種から33日 -

長崎農園の春菊が、前回1回目の間引きをしたときよりも少し生長していて、葉っぱもケンカ(葉が重なり合う)しているようだったので2回目の間引きを行いました。

間引きでは、生育が良い元気な株を残し、虫食いや病気が発生していたり、生育が悪い株は引っこ抜いてしまいます。

【間引き前】


【間引き後】


今回の間引きで2〜3株残しています。

写真の場所は3株残しましたが、ほとんどの場所が2株になりました。

また大きくなったら最終の間引きを行って1株にします。


<今日の作業>
 ・春菊の間引き(2回目)

春菊間引き(1回目)  - 播種から28日 -

春菊があまりに密集していたので、1回目の間引きを行いました。

【間引き前】


【間引き後】


もう少し成長したら2回目の間引きを行う予定です。


<今日の作業>
 ・春菊の間引き(1回目)

春菊 - 播種から14日 -
今朝何気なく畑の上を歩いていると、なんと、春菊が発芽していました!

春菊は10月15日に播種しましたが、水やりは播種直後のみで、
その後はやっていません。

元肥は、鶏ふん堆肥を1kg/崢度、菜種粕を100g/崢度やっています。

※”元肥”とは、播種(定植前)に肥料をやることをいいますが、
  作物がある程度育ってから肥料をやる追肥と区別して使います。

しかし、よくぞ出てきてくれたという感じです。




「写真中央の列が春菊を播種した畝」

【発芽の様子1】


【発芽の様子2】


こうして見ると小さいたくさんの芽が一生懸命土を押し上げているようにも
見えます。
うちの農園も石が多いですが、発芽するところに石のように重いものがあると
芽が持ち上げきれずに発芽できなくなってしまうので要注意です。

それにしても、植物の芽は品目に関係なく皆形がよく似ています。

特に、春菊は同じ仲間である葉菜類(小松菜やチンゲンサイ等)ととっても
形が似ていて、まるで人間の赤ちゃんみたいだな〜と感じます。

”春菊成長記録”というカテゴリー追加しました!
今後の成長記録はそちらにおさめたいと思います(^^)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・茂木農園さつまいも収穫まで
 あと